私が経験したセフレとのトラブル経験談

セフレが出来ると色々なトラブルがございます。
私もセフレが出来て多くのトラブルが起きたので、ココでは私が経験したセフレとのトラブルについてご紹介していきます。

メンヘラセフレだと大変!

セフレ相手がメンヘラだとかなり大変なのでご紹介していきます。

いきなりセックスをやめる

メンヘラ女性は感情の起伏が激しいです。
私の当時のメンヘラセフレはかなり気が変わりやすくて、セックスを行っている最中にも「何かだるくなってきた。セックス終了~」と言ってきてセックスを途中でやめてき来ることも。
こっちはノリノリで腰を振っているのに、いきなりのセックスの終わりは悲しかったです。

プライベートで電話をしまくってくる

メンヘラ女性はプライベートもかなりアプローチをしてきます。
私も深夜に「不安だから電話で慰めて」「暇だから相手にして」とメンヘラセフレから電話がありました。
メンヘラセフレは相手より自分なので、余裕がないのですよね。

処女のセフレはセックスで楽しみにくい

処女は男性のロマンですが実際の所、セフレにすると色々と面倒なのでご紹介していきます。

初めのセックスで挿入できないことも多い

処女は初めてのセックスでペニスを挿入をするとかなり痛がります。
せっかく愛撫などの前戯をしたのに、結果的に挿入できないとなるとかなりヘコみます。
ただ、処女はリアクションがとても可愛いので前戯の時点で結構楽しかったですね。
最終的には、手コキやフェラで抜いてもらえました。

デートを誘ってくる

処女は男性との付き合い方が分からないので「セフレも彼氏のように扱ってしまう」可能性があります。
なので、コチラはホテルだけで会いたいのに、相手は「食事いこうよ~」「デパートいこうよ~」となってくるので面倒!

セフレ相手は慎重に選ぼう

このようにセフレ相手次第では結構面倒な事になります。
しかし、安いお金でセックスが出来るのには変わりに無いので、セフレはやっぱ良いです!